職業としてフリーランスを名乗るためにはどうすればいいのかというと、税務署に開業届を出すことになります。
開業届は絶対に必要というわけではありませんが、出すことによって正式にフリーランスとして働くことを世間的にも認められることになるのです。

開業届自体は全く難しいものではなく、開業届に必要事項を記入して税務署に提出をするだけです。

それでは開業届を出したらなにかが変わるのかということですが、はっきり言えばこれは特に何か変わるということはありません。

Yahoo!知恵袋の口コミ情報を参考にしよう。

開業届を提出すれば青色申告をすることができたり、屋号を持つことができたりしますが白色申告で十分な人や屋号は必要ないという人にとってはそれほど意味の有るものではないのです。

フリーランスに関する情報をご覧ください。

また、開業届を出すことによって小規模企業共済に加入をすることができるというメリットがあるので、保証のないフリーランスにとって大きな助けとなります。

独立をしたという証にもなるので、自分の力で生きていくことに対しての自負心を持つことができるというのもメリットのひとつといえるもので、胸を張ってフリーランスとして働いているということを公言できるのは人によっては大きなメリットと言えるでしょう。
実際に生活をしていくことが出来るだけの成果を上げることができているのかどうかは別として、開業届を出してしまえば名実ともにフリーランスとなることが出来るため、単に勤め人という立場から解放されたいのであれば開業届を出せばよいのです。